「カメラと一番よく似合う俳優をリサーチした結果、ハ・ジョンウが選定された」

俳優ハ・ジョンウがオリンパスで新しくロンチングするカメラモデルに抜擢された。

ハ・ジョンウがモデルとして活動するようになる新しいモデルOM-D E-M10は「画質、性能、携帯性」の3要素を満足させるカメラ最適化技術を適用したオリンパスの新しいカメラで伝統的なフィルムカメラデザインで市場に反響を起こしたOM-Dラインの新製品だ。

ハ・ジョンウが出演する今回の広告は5月からTV広告と紙面を通じて公開される予定だ。

オリンパスの関係者は「抜群な演技力を土台として、常に俳優という本質に充実なハ・ジョンウさんのイメージが『本質に一番充実なカメラOM-D E-M10』の特徴と符合して広告モデルに抜擢した。モデル選定過程でカメラと一番よく似合う俳優をリサーチした結果、ハ・ジョンウが選定された」と明らかにした。

一方、現在ハ・ジョンウは5月にクランクイン予定で彼の2番目の映画演出作であると同時に主演まで引き受けたウィ・ファ監督原作の映画「許三観売血期」の準備の中にありながら続いて下半期に最高の期待作として数えられている映画「群島:民乱の時代」の公開も韓国で7月に控えている。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-