映画「逆鱗」制作報告会現場

4月2日、ソウル、紫陽(チャヤン)洞のロッテシネマ建大入口(コンデイック)で映画「逆鱗」の製作報告会が開かれ、イ・ジェギュ監督をはじめ、ヒョンビン、チョン・ジェヨン、チョ・ジョンソク、ハン・ジミン、パク・ソンウン、チョン・ウンチェらが参加した。

映画「逆鱗」は世祖即位1年、王の暗殺を巡って繰り広げられる、生きなければならない者、殺さなければならない者、生かすべき者の交錯した運命と歴史の中に隠された息詰まる24時間を描いた映画だ。韓国で4月30日より公開される。

この日、チョ・ジョンソクは「アクションが多いが負傷に遭わなかったのか」と言う質問に「大きな負傷はなかった。ただ僕が駆けている途中に速度に負けてカメラにぶつかったことがあった。額にすごく大きなこぶが出来た」と話した。

引き続き「その他には細かい負傷だった。アクションをしながらタイミングを合わせると同じ所に怪我をしていた。それでも大きな負傷はなかった」と付け加えた。

初時代劇に挑戦したヒョンビンが絶えず暗殺の脅威に苦しみながらも強靭さを失わない朝鮮の王正祖役を引き受けた、チョン・ジェヨンが正祖の絶対的な信任を受ける王の影、チョ・ジョンソクが殺人のために育てられた朝鮮最高のキラーに扮した。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-