「365日、8760時間、525600分、31536000秒。僕たちは毎日毎日あなたに会いたいです。」

JYJのユチョンが「テメン病」という新造語を誕生させ、その人気を改めて証明した。

C-JeSエンタテインメントは「中国内でユチョンの人気が爆発的だ。劇中のキャラクターハン・テギョンの『テ』と男性らしさの『man』の合成語である『テメン』という新造語も生まれた。中国の大型ポータルサイトBaiduではユチョンのファンコミュニティ会員数が23万人を越えた。韓国のドラマ撮影現場に直接コーヒーの差し入れをプレゼントするほど愛情を注いでいる」と伝えた。

ユチョンのこのような人気に中国ではSBS水木ドラマ「Three Days」の放送が始まる前にファンが2億ウオン程度の資金を集めて北京崇文門の国瑞城ショッピングセンター正門に屋外広告看板を買い入れていた。

何と300坪規模と発表されたこの屋外広告看板には「365日、8760時間、525600分、31536000秒。僕たちは毎日毎日あなたに会いたいです。ユチョンの新ドラマ『Three Days』の大ヒットをお祈りします」と書かれている。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-