「まだメンバー補充に対する可能性も残している」

ガールズグループKARAの「ドリームコンサート」出演が失敗した。

歌謡界関係者によれば、6月7日午後にソウル市ワールドカップ競技場で開催される「愛する大韓民国2014ドリームコンサート」にKARAが出演しないことが最終決定した。

今年の初めにメンバーニコル、今月にジヨンがチームを脱退して3人組になったKARAは、当初主催が発表した「ドリームコンサート」の第1次ラインナップに含まれていたが、現在公式ホームページに掲載された出演名簿から名前が抜けている。

KARAが「ドリームコンサート」に出演する場合、3人組に再編されてから初めてのステージになると予想されたが、残念ながら不発に終わった。KARAの関係者はスターニュースに「ドリームコンサート」への出演に対して話が交わされたのが事実だが、最終的にラインナップから抜けることに決めたと明らかにした。

所属事務所は現在KARAに対して、適切な復帰時期を検討している。まだ具体的な輪郭が出てきたわけではないが、今年の下半期にニューアルバム発売を目標にコンセプトを捉えるためのアイディア会議と曲の収集作業などを時々進めているという。

今年上半期はソロ活動に専念するという計画だ。メンバースンヨンが今月5日から放映されているMBC50部作週末ドラマ『来た!チャン・ボリ』で比重の重い役を引き受けて熱演中だ。他のメンバーも最近、ドラマ作品を検討中だと知らされた。

所属事務所DSPメディア関係者は「KARAのカムバックと関連して、すぐに決まったことはないが、遅くとも今年中にニューアルバムを出すという方針だ。まだメンバー補充に対する可能性も残している」と話した。

一方、韓国芸能製作者協会が主管する、韓国を代表する歌謡祭「ドリームコンサート」は1995年に青少年へ夢と希望を伝えようという趣旨で初めて開催され、毎回韓国のトップ歌手が総出動して名実共に韓国最大の歌謡コンサートとしての位置を確立した。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-