「今回の振りつけは滑稽というよりむしろより激しく情熱的な動作を見せている」

ガールズグループCRAYON POPがアメリカの音楽専門サイトビルボードドットコムのメインページを飾った。

新曲「オイ」のミュージックビデオで高い評価を得たのだ。ビルボードドットコムは「CRAYON POP、『オイ』のミュージックビデオで想像できない驚きのプレゼント(Crayon Pop Unleashes Mind-Boggling,Non-Stop Dance Routine in ‘Uh-ee’ Video:Watch)」というタイトルの記事を掲載した。

ビルボードのコラムニストジェフ・ベンジャミンは「噂を通じて広がったCRAYON POPの振付けがK-POPの頂点に上らせ、レディー・ガガのコンサートツアーに招待させた」とし「パパパ」の成果とレディー・ガガとの合同公演に注目して記事を書き始めた。続いて「独特のコンセプトのこのガールズグループがニューシングル『オイ』で帰ってきたが、今回の振りつけは滑稽というよりむしろより激しく情熱的な動作を見せている」と評価した。

一方、CRAYON POPは各種音楽サイトで5thシングル「オイ(Uh-ee)」の音源とミュージックビデオを公開した。CRAYON POPはケーブルチャネルMnet「グローバルM COUNTDOWN」でカムバックのステージを披露する。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-