「実際のジャングルにいる雰囲気を感じた。全身を揺らす音楽も楽しみにしてもらいたい」

リュ・スンリョン、ZE:Aシワン、少女時代サニーが「リオ2」の声を演じる。

3Dアニメーション「リオ2」がアン・ハサウェイ、ジェシー・アイゼンバーグ、ジェイミー・フオックス、ウィル・アイ・アム、ブルーノ・マーズをはじめ、シワン、サニー、リュ・スンリョンまで米韓のオールスターが総出動した歴代最強の声のキャスティングが決まった。

「リオ2」は人と一緒に暮らす都市型オウム、ブルーの家族が凄まじいアマゾンのジャングルで冒険に出発し、そこで立ちはだかる悪党オウムのナイジェルと野生のオウムの攻撃に立ち向かう旅を描く。

特に「リオ2」の韓国の声の演技はスターが総出動した。ブルーとジュエルカップルには「弁護人」で観客動員数1,000万人俳優に駆け上ったZE:Aのシワン、ガールズグループ少女時代サニーが選ばれた。

また、「王になった男」「7番房の奇跡」で連続動員数1,000万人観客を集客したリュ・スンリョンはナイジェル役で完璧なカリスマを感じさせるだろう。

シワン、サニー、リュ・スンリョンが歌う「リオ2」の挿入曲も聞くことができる。

シワンは「実際のジャングルにいる雰囲気を感じた。全身を揺らす音楽も楽しみにしてもらいたい」、サニーは「『リオ』がとてもおもしろかった。シワン、リュ・スンリョン先輩と演技ができて光栄だ」、リュ・スンリョンは「ナイジェルは憎めない悪党キャラクターだ。全面的に面白さと笑いの責任を負う」と語った。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-