真剣さと面白味が混ざった映像

ガールズグループ2NE1の新曲「COME BACK HOME」のミュージックビデオのビハインド映像が公開された。所属事務所YGエンターテインメントの公式ブログとネイバーミュージックスペシャルには、「COME BACK HOME」のミュージックビデオ撮影現場を収めたビハインド映像が掲載されて注目を集めている。

これは4分14秒という短い映像だが、曲に対する紹介はもちろんミュージックビデオのコンセプトに対するメンバーの考え、カムバック感想など様々な内容で構成された。

映像の中で2NE1はそれぞれ違ったヘアースタイルに変身し、寒い天気にも関わらず、真剣に撮影に挑んだ。時にはいたずらをする姿も登場し、面白味まで届けた。

この映像でMINZY(コン・ミンジ)は「『COME BACK HOME』は切ない曲」と表現し、DARA(サンダラ・パク)は「歌った後にも胸が痛い曲」と話した。

そしてDARAは「私は今回のミュージックビデオで愛の心を担当した」としながら「思ったより(今まで)キスシーンをたくさん撮ってきたが、このような感じは初めて」と明らかにした。彼女は涙を流すシーンを撮影した後、「『IT HURTS』以降ミュージックビデオで泣くのは初めてだ」として微笑んだ。

ミュージックビデオに対してMINZYは「とてもSF、空想科学的」と説明し、CLは「非現実的だが現実的」と付け加えた。DARAは「映画1本を見たような感じ」と付け加えて満足感を表わした。

映像の最後にはBOM(パク・ボム)が登場して「アルバムでご挨拶するのは久しぶりだ。本当に望んだことで、たくさん努力しただけに、たくさんお見せする」と強い覚悟を明らかにした。

一方2NE1は先月27日、2ndアルバム『CRUSH』を発表し、タイトル曲「COME BACK HOME」で活発に活動している。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-