「お互いに楽しめるステージを作りたい」

新概念のハイブリッドデュオが誕生した。SHINeeのキーとINFINITEのウヒョンが結成したToheartがその主人公。ToheartがSHINeeのユニークさとINFINITEのクールさが濃縮されたステージを届けた。音楽、ダンス、ファッションなど全てが一風変わっていた。

今月10日午後7時、ソウル市三成洞(サムソンドン)COEXでToheartのショーケースが開かれた。1stミニアルバム『Delicious』を初めてライブで披露する席だった。この日のショーケースには、SHINeeのミンホとINFINITEのソンギュがMCを引き受けてToheartを支援射撃した。

甘美なダンス曲でショーケースの火ぶたを切った。Toheartは個性あふれる黒いスーツを着て、収録曲「Tell Me Why」を熱唱した。「Tell Me Why」は別れを拒否するひとりの男の切ない感情が含む曲。キーのパワフルなボーカルとウヒョンのクールな声が独特なハーモニーを作った。

ハイライトはタイトル曲「Delicious」のステージだった。『Delicious』はポップとパンクジャンルがうまく交わった曲だ。キーとウヒョンはチェックの衣装を着て登場した。「Delicious」という中毒性の強いメロディーが耳をひきつけた。パワフルでさっぱりした高音が引き立って見えた。

パフオーマンスも印象的だった。まるでキーとウヒョンが対決するような振りつけだった。先にキーがダンサーと踊れば、ウヒョンも続けて踊るスタイルだった。小道具も積極的に活用した。帽子と花を利用し、ミュージカルのような振りつけを完成した。

ステージが終わった後は、ミュージックビデオの撮影現場も公開した。画面にキーとウヒョンの自由奔放な姿が見える毎に、ファンは熱い叫び声をあげた。キーは「ウヒョンと同じ女性に恋をして争う内容だ」とミュージックビデオを説明した。

ステージに続きファンの疑問を解く時間も持った。まずToheart結成のきっかけを明らかにした。キーとウヒョンは「普段から仲が良く、音楽の話をしていてユニットを作ることになった。友人と好きな音楽をするというのが意味深い。お互いに楽しめるステージを作りたい」と明らかにした。

少女時代、2NE1(トゥエニィワン)などと競争することになったことも意識しなかった。「少女時代、2NE1とカムバック時期が重なってとても心配した」ながらも「競争に対して考え、あまり意識しないようにしようと話した。堂々としたステージ、楽しいステージを作ろうと約束した」と明かした。

最後にToheartは「ショーケースをすると、ユニットを結成した事を実感する。今後もハイブリッドグループらしく風変わりなステージを披露する。お互いに頼りながら、熱心に活動する。見守ってほしい」と頼んだ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-