ネチズンは「私の愛、私の花嫁」の仮想ポスターを製作するなどすでに高い関心を見せている

「私の愛、私の花嫁」が本格的に撮影をスタートさせた。

映画「私の愛、私の花嫁」はチョ・ジョンソク、シン・ミナをはじめ、ユン・ジョンヒ、イ・シオン、ラ・ミラン、ソ・ガンジュン、ソ・シネら主要キャスティングを決めてクランクインした。

イ・ミョンセ監督の同名作品をリメークしたラブコメディ「私の愛、私の花嫁」のクランクインは京畿道(キョンギド)、富川(プチョン)の美術塾で行われた。この日の撮影分はミヨン役を演じるシン・ミナとジェギョン役のソ・シネが小さい摩擦を作るシーンから始まった。

チョ・ジョンソクとシン・ミナの共演ですでに大きい話題を集めている「私の愛、私の花嫁」は2人のキャスティングが発表されるとリアルタイム検索ワードにランクインし、関心の高さを証明した。

ネチズンは「私の愛、私の花嫁」の仮想ポスターを製作するなどすでに高い関心を見せているほどだ。ネチズンは「面白かった90年代の作品がこのようにリメークされるのも観客の立場としては嬉しいものです」「この共演の化学反応が楽しみ。期待爆発」「2人ともとても魅力的な俳優だけに非常に楽しみですね」「チョ・ジョンソクとシン・ミナの共演はどうかな。すごく気になる」「待ってください。公開されたらすぐ見ます」「チョ・ジョンソクとシン・ミナにぴったりのキャラクターだと思う」等の反応を見せた。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-