映画「優雅な嘘」を通じて既存のイメージと相反した演技変身で視聴者たちの耳目を集中させている

キム・ユジョン、キム・ヒャンギらの子役俳優たちの変身に期待が集まっている。

映画「優雅な嘘」が10代の女優で最高として言われている国民妹キム・ユジョン、キム・ヒャンギの相反した演技変身が期待を集めている。

「優雅な嘘」は何も言わずに世を去った14歳の少女チョンジ(キム・ヒャンギ)が隠しておいた秘密を探る母親ヒョンスク(キム・ヒエ)と姉のマンジ(コ・アソン)、友達のファヨン(キム・ユジョン)と周辺人々の話を描いた作品だ。実力派の子役俳優としてスクリーンとドラマを捕らえた代表的な国民妹のキム・ユジョンとキム・ヒャンギは映画「優雅な嘘」を通じて既存のイメージと相反した演技変身で視聴者たちの耳目を集中させている。

キム・ユジョンは「ファヨンは表では強いふりをするが実はすべての人々に関心を受けたがる弱い人物だ。ファヨンが私に似ている同年代の年齢なので共感がたくさんできた」と伝えて風変りな変身に対する期待を高めた。

キム・ヒャンギは「チョンジは考えが深くて善良な人物だが急に自ら世を去る選択をするようになる。今まで引き受けたキャラクターとは違い感情を胸に抱えるキャラクターなのでチョンジがどんな気持ちだったのか多く悩んだ」と演技に対する努力を伝えた。キム・ヒャンギはいっそう纎細な演技で観客の感情移入を加える見込みだ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-