2人の俳優の衝撃的な変身で視線を集めている

映画「モンスター」の主演俳優イ・ミンギとキム・ゴウンが衝撃的な変身を遂げた。

「モンスター」の配給会社ロッテエンタテインメント側は3月映画公開決定の知らせと共にイ・ミンギとキム・ゴウンのキャラクターポスターを公開した。

公開されたキャラクターポスター2種は強烈なキャラクターの誕生を予告すると同時に、2人の俳優の衝撃的な変身で視線を集めている。

冷酷な殺人魔テス役のイ・ミンギは上半身ラインを露出し、これまでに見られなかった男性美を最大化させた。自身の体に直接入れ墨をしている後ろ姿と徹底して感情を隠した無表情が対比され、テスのキャラクターへの関心を刺激している。

イ・ミンギはイメージチェンジのために5ヶ月に及ぶ高強度トレーニングと食事療法など殺人魔を演じるために血のにじむ努力をしたとのことだ。また、すっかり狂ってしまった女性ボクスン役のキム・ゴウンは怒りと狂気で注目を集める。ここに妙な笑いを帯びたままターゲットを凝視する目つきで純粋さと同時に復讐のためにテスを追う殺伐さが感じられ、好奇心を刺激する。

視線を圧倒するビジュアルに「すっかり狂った女、怪物のような者を追う」というコピーが似合っており、テスとボクスンの激しい対決を予告する。

一方、「モンスター」は血も涙もない殺人魔テスと彼に兄弟を奪われすっかり狂ってしまった女性ボクスンの追撃を描いた映画だ。「不気味な恋愛」「2つの顔の彼女」「シシリー2km」などの脚本を手がけ、「不気味な恋愛」を個性的に演出したファン・インホ監督がメガホンを取った。韓国で今年3月に公開する予定だ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-