アルバム販売量で実力を見せる東方神起の底力を再び確認

東方神起:韓流スター・韓流ドラマなどの韓流情報なら韓流エンターテイメント!

東方神起が7thアルバム『TENSE』がシンナラレコードで2週連続1位になった。

今月6日に発売された東方神起のニューアルバム『TENSE』は、アルバム販売量集計サイトシンナラレコードで2週連続1位を獲得、アルバム販売量で実力を見せる東方神起の底力を再び確認させた。

また、今回のアルバムはアメリカビルボードワールドアルバムチャート(1月25日付)でも堂々と2位に輝き、全世界レコード販売量集計サイト“メディアトラフィック”が運営するユナイテッドワールドチャートで、ビヨンセ、映画『アナと雪の女王』のOSTに続いて3位にランクインし、韓国だけでなく全世界の音楽ファンの高い関心と人気を立証した。

さらにアメリカビルボードは東方神起の7thアルバム『TENSE』に対して「マイケル・ジャクソン、ブルーノ・マーズなどその他のR&Bファンも満足させるほどのアルバム」と絶賛したことがあり、デビュー10周年をむかえた東方神起の意味と記録にも注目する特集記事を掲載して目を引いた。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-