海外での影響力を証明した

東方神起が7thアルバム「TENSE」で韓国と台湾の週間レコードチャートの1位に輝いた。

1月6日に発売された東方神起のニューアルバム「TENSE」はHANTEOチャート、Hottracks、シンナラレコードなど各種レコード販売量集計サイトで週間チャート(1月6日〜1月12日)1位を独占した。

これと共に台湾のレコード販売量集計チャートFIVE MUSICでも日韓週間チャート(1月3日〜1月9日)1位に輝き、海外での影響力を証明した。

今回のアルバムは韓国だけでなくアメリカのビルボードでも詳細なレビューで好評だった。ビルボード側は「マイケル・ジャクソン、ブルーノ・マーズなどのR&Bファンたちも満足させるほどのアルバムだ」と評価し、タイトル曲「Something」について「過去と現在のサウンドが成功的に結びついた曲だ」と紹介した。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-