昨年2月にリリースした曲が1位の輝く異例の出来事

アイドルグループB.A.Pがドイツチャートで1位を奪還して注目を浴びている。

B.A.Pは先月29日に発表されたドイツK-POPチャートで「ONE SHOT」が1位に返り咲いた。

昨年2月に発表した曲が再び1位に上がるのは異例なことだ。所属事務所TSエンターテインメントは「韓国で発売した韓国語アルバムとミュージックビデオだけでこのように目覚ましい成長を成し遂げているのは、彼らだけの差別化されたコードがグローバル音楽市場で通じたという事」と自評した。

実際にB.A.Pの「ONE SHOT」は該当チャートで通算9回1位を占めたのに続き、合計23ヶ月間も10位圏内にランクインしている。最近発表された「Badman」も6位を占め、粘り強く愛されている。

B.A.P側は「国境を超越して可能性を確認したB.A.Pは、今後発表するニューアルバムでも様々なジャンルを披露して、K-POPの新しい先頭走者としての位置づけを固めていく予定」と明らかにした。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-