自らキャンピングカーを運転してキャンプに出発

アイドルグループB1A4が、リアリティープログラムを通じてメンバー同士初めて旅行へ出発した。

B1A4が汝矣島(ヨイド)CGVで進行されたMBCミュージック「B1A4のある素敵な日」の製作発表会に参加した。「ある素敵な日」はアイドルグループメンバーが休暇の計画から実行まで全ての日程を自ら企画、決定して旅行に出発する姿を見せる番組だ。SHINee(シャイニー)、f(x)(エフエックス)に続きB1A4が3番目の走者に抜擢された。

様々なアイドルグループがリアリティープログラムを通じて視聴者に会う中で、B1A4だけの強みと差別化ポイントに対して尋ねた。

これに対しリーダージニョンは「まだアイドルリアリティー番組でキャンピングカーが出てきていないと思う。僕たちが自らキャンピングカーを走らせて旅行へ行ったのが大きな差別点だ」と話した。

シヌゥは「初めは本当にテントで寝るとは思わなかった。海、浜辺あらゆることがリアルで、多くの体験をした。友だちだけでリュックサックを背負って旅するような気持ちを感じられるはずだ」と強調した。

バロは「素直な姿をたくさん見せ、今までお互い知らなかった姿をたくさん見せるようだ。メンバーが運転して、テントも張って、ご飯も作るなど、これら全てが本当に僕たちの計画だけで出来たのが視聴ポイントになると思う」と説明した。

引き続きサンドゥルは「僕たちが美しい所を尋ね歩き、美しい姿をお見せできると思う」と語り、末っ子ゴンチャンは「活動を始めてから永らく待ち望んだリアリティープログラムがまたできたので、胸の内を全てお見せしたと思う」と打ち明けた。

バロは過去「MBC『無限に挑戦』で行ったブラジル旅行と、tvN『花より青春』で行ったラオス旅行、メンバーと行ってきた南海旅行の中で、メンバーと行った旅行が最も記憶に残る」と明らかにした。

一方、メンバージニョンは「『B1A4のある素敵な日』の視聴率が3%を越えれば、メンバーの同意を得て、ゲリラフリーハグをする」と異色の公約を明らかにして注目を浴びた。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-