「『余裕を持て』『自分を信じろ』というアドバイスが役立った」

チョン・イルがさらに成長した。

ドラマ『夜警日誌』の大きな収穫の中のひとつはチョン・イルだった。チョン・イルは演技経験が少ない若手主演俳優の間で重心になってドラマを導いた。そのおかげで「チョン・イルの再発見」という評価を聞くことができた。

彼は最近インタビューで「『夜警日誌』が終わった後に『男らしかった』『演技が良かった』などの称賛を多く聞いたが、その中でも『美男スター、青春スターのイメージを脱いだ』という言葉が最も記憶に残っている」と笑った。

チョン・イルは劇中、宮中から追い出された嫡統王子で、幽霊を見る能力を得て幽霊を退治する夜警屋になるイ・リン役を演じた。イ・リンは序盤気ままに暮らす貴族だったが、夜警屋になった後は民の哀歓を見つめて王に相応しい人物に成長していくキャラクターだ。前作の『太陽を抱いた月』(2012)の役と大差はないが、チョン・イルは単純な主演ではなく、主演らしくドラマを導く演技を見せたという点で、好評を受けた。

「余裕が生まれたようだ。いつも作品をするたびにストーリー、台本、キャラクター分析は基本として熱心にしたが、それだけではダメだった。この作品の前に『無限に挑戦』に出演したが、外国で兄さんたちと多くの話を交わして『余裕を持て』『自分を信じろ』というアドバイスを聞いた。それがとても役に立った。もう自分自身を信じられるようになったと思う。」

確かに彼からは自信が感じられた。チョン・イルは「これも役に立ったのかは分からないけど」と言いながら禁煙中であることを公開した。『黄金の虹』が終わった直後から禁煙を始めた。すでに8ヶ月目だ。チョン・イルは禁煙してから、確かに発声や呼吸が良くなったようで時代劇に役立ったようだと照れくさそうに話した。

作品出演は終わったが、年末まで海外スケジュールなどで忙しく過ごすことになるチョン・イル。アジアツアーファンミーティングおよびグラビア撮影が予定されている。

「今回の作品で自信ができたし、その勢いを継続できるなら出来る限り早く次の行動を決めるつもりだ。最初から明るいか最初から暗いキャラクターを演じても良いと思う。また他の新しい挑戦をしてみたい。」