BTOBの無限の実力と可能性を立証

アイドルグループBTOBが、初の韓国単独コンサートを盛況のうちに終えた。

10月31日、11月1日にオリンピック公園内オリンピックホールで開かれたBTOBデビュー後初の単独コンサート「Hello,Melody」が両日間合計6,000人の観客を動員して、成功裏に幕を下ろした。約2時間30分進行された今回のコンサートは、ソロおよびユニット、自作曲ステージなどを含む26曲のライブステージを公開し、優れた歌唱およびパフオーマンスでBTOBの無限の実力と可能性を立証した。

BTOB初のコンサートのために韓国国内はもちろんアジア、ヨーロッパ、アメリカなど世界各国の23ヶ国から集まったファンたちは、スローブルーのペンライトで会場をいっぱい埋めてBTOBのステージに熱を帯びた声援を送った。緊張感あふれるオープニング映像に続き、ヒット曲「WOW」を始め、レベルが違う初ステージの火ぶたを切った。BTOBはその後、「THRILLER」「君は感動だ」などの代表曲を熱唱し、観客に忘れられない序盤ステージの感動を届けた。特にオンライン音源チャートと地上波歌番組で1位を獲得したBTOBのメガヒット曲「ティティパンパン」は、客席を埋め尽くした約3,000人の観客が共に合唱する珍しい風景が繰り広げられた。

その後続いたソロステージでは、アイドルスターではもちろんアーティストとしてワンステップ成長したメンバーの真の姿を確認できた。女性ダンサーと共に熱いアメリカダンスのパフオーマンスを披露して、強い男性美を強調したプニエルをはじめ、実の姉である歌手JOOと共に「君は僕の天使」のコラボステージを披露したイルフンは自らピアノを演奏して、感性的なセンスが引き立つラップを届けた。続いてミンヒョクのカリスマ性あふれる自作のHIPHOP曲「DO YOU KNOW WHO I AM」や、それぞれ切ないバラードステージで驚くほど優れた歌唱力を見せたウングァン、ソンジェまで、BTOBの隠された多彩な魅力を確認できた確実なきっかけとなった。

「Hello,Melody」というコンサートタイトルは、デビュー後限りない応援を送ってきたファンクラブMelodyと共にするというBTOBの強い思いを込めた。その通り、終始観客のそばにはBTOBが共にいた。公演終盤デビュー3年で初めて開いた初の単独コンサートに対する感想を伝えたBTOBメンバー。そのときめきは熱い涙につながった。駆け付けたファンと家族へ、胸が熱くなる感謝の気持ちと愛しているという告白を伝えるBTOBの真心に触れ、ファンたちも共に目がしらを赤らめた。

日々価値を加える“成長型アイドル”の代表モデルであるBTOBは、ファンたちに今後より一層素敵な活躍を約束し、公演の最後まで彼らのハッピーエネルギーを発散して公演を成功的に終えた。公演終了後、BTOBは各自のSNSを通じて公演を終えた感想と挨拶を次から次へと伝えた。ミンヒョクは「愛していますMelody。本当です。愛しています」、プニエルは「初めてのコンサート最高!Melody最高!僕たちが楽しんだのと同じくらい(皆さんも)喜んでくれれば嬉しい」として心温まる感謝の挨拶を伝えた。さらヒョンシクは「本当に心から全ての方に感謝します。幸せにして下さってとてもありがとうございます。僕は本当に幸せな人間です!」と落ち着いて気持ちを伝え、チャンソブは「本当に愛するMelody。最後まで共にいよう、愛してる」と男らしい告白を伝え、コンサートの濃い余韻を伝えた。