メンバーの音楽の好みが反映された多彩なジャンルのステージを披露

グループBTOB(ビートゥービー)のウングァンが小劇場のライブ音楽会の感想を伝えた。

ウングァンは自身のTwitterを通して「『ノメルデ(君のメロディーになってあげる)』コンサートに参加してくれたMelody(ファンクラブ名)、良い思い出を作ってくれて本当にありがとう。個人的に最高に面白かった公演の中のひとつ!今日一緒にできなかった方は少し待ってね。僕なりに努力する。Melodyありがとう!好き好き」という文と共に写真を掲載した。

掲載された写真は、優しく微笑んだ姿が魅力的なウングァンが白いシャツにネクタイを結んでいるセルカ(セルフカメラ、自分撮り写真)だ。

BTOBは去る18日午後、ソウル市三成洞(サムソンドン)KT&G想像アートホールでミニ音楽会「ノメルデ」を開き、350人以上のファンと会った。人気を得ている新曲「泣いたらだめ」をはじめ、ダンス、R&B、HIP HOPまでBTOBメンバーの音楽の好みが反映された多彩なジャンルのステージを90分以上かけて行った。