メンバーたちの素顔満載な自社ビル探検記 1

青々とした青春を描いたアルバム『青』を発表し、そろそろ活動の仕上げに入っているINFINITE F。

INFINITEでひときわ「青っぽい」エル、ソンヨル、ソンジョンで構成されたこのユニットに会ったのは麻浦(マポ)区城山(ソンサン)洞にあるWoollimエンターテイメントの新しい自社ビル。冷たい水で冷え切った手を温めながら始めた練習生生活を経て、豪勢な新しい自社ビルに入る気分は格別だろう。卓球やダーツをして、隅から隅までを回るメンバーたちの表情には、楽しさと同時に誇りも窺える。メンバーたちと一緒に新しい自社ビルを見物して、行きつけの店で手料理も食べた。3分のようにあっという間に過ぎた3時間のデートを紹介する。

□僕たちが血と汗を流した自社ビルです!太陽の光が入ってきて嬉しい。ハハ

今日のMCはソンジョン。Mnet「スーパーアイドルチャートショー」のMCを引き受けて進行力に高評価を受ける彼は向かいにあるコーヒーショップから自社ビルのレコーディングスタジオまで上手に紹介し始める。

「こんにちは。僕はINFINITEのソンジョンです。今日は僕達Woollimエンターテイメントの新しい自社ビルを紹介させていただきます。メンバーたちも、今練習中だということなので入って会ってみましょう。」

5階のレコーディングスタジオに到着したソンジョン。レコーディングスタジオのブースは2つあり、そのうちの1つでソンヨルがレコーディングを終えた。

「以前は、練習室は地下だったけど今は日光を浴びることができて嬉しいです。ファンの方、所属事務所の方々のおかげで、良い環境で働くことができるようになって本当に嬉しいです。」(ソンジョン)

「以前は不便な点が多かったけど、今では自社ビルが宿所とも近いので時間を気にせずいつでもどこでもレコーディングすることができて、とても良いです。実際に自社ビルは僕達が立てたと言っても過言ではないでしょう。僕たちは、このような権利を受けるだけ頑張りました。ハハ。」(ソンヨル)

エルは地下2階で練習している。2人は猛練習中のエルを急襲、カメラを突きつけた。

「携帯電話で遊んでいるかと思ったけど本当に練習中だね。(笑)何を練習していましたか?」(ソンヨル)

「ギターでやらなきゃいけない歌があって練習中でした。(ギター音が小さいというソンヨルに)この曲は、元々静かに弾かないといけないの!ここは、僕たちの個人的なスペースです。ここで歌の練習をしたり、休んだり、歌を聞いたり。僕たちが練習生の時と比べれば、今の練習生は、とても楽に練習できるということです。(笑)」(エル)