韓国女優ホン・スア(34)が、悪質ネットユーザーを告訴すると明らかにした。

 ホン・スアの所属事務所は16日、公式資料を通して「当社はこれまで特定の人物らが持続的に悪質掲示物の投稿や侮辱的な誹謗、根拠のない虚偽事実の流布、人格冒涜など無分別な悪質コメントを継続して拡散させている」とし「これに対し、社内のモニタリングとファンの皆さんが送ってくださった資料を通して捜査機関に告訴状を準備中」と明らかにした。

 また「女優ホン・スアの意見を尊重し、これまで法的な手続きを進めることはなかったが、最近無分別な悪質コメントと誹謗中傷が社会的な問題になっていることを考え、これ以上悪質ネットユーザーらを傍観することはできないと判断した」と伝えた。

 その上で事務所側は「ホン・スアを大切に思ってくださるファンの皆さんに向けた悪質なコメントを根絶するためにも関連の告訴を引き続きおこなう予定。今後も所属俳優、女優に対する悪意ある掲示物を作成する悪質なネットユーザーらが法的措置が下されるように最善を尽くす」と「その過程に善処や合意はなく、強力な対応を続けていく」と警告した。

 一方、ホン・スアは現在放映中のSBS朝ドラマ「火の鳥 2020」の撮影で多忙な日々を送っている。