執行猶予期間中に再び麻薬を投薬したという疑惑をもたれているファン・ハナが拘束されるかどうかが早ければ7日に決定する。

6日、韓国警察によるとソウル西部地裁は7日午前10時30分、ファン・ハナに対する拘束前被疑者尋問(令状実質審査)を行う。

警察はファン・ハナを麻薬類管理に関する法律違反容疑で立件し捜査を進めている。警察は投薬方法や投薬回数など被疑事実については、明らかにできないと述べた。

先立って、ファン・ハナは2015~2019年、歌手兼俳優パク・ユチョンなど知人と共に向精神性の医薬品を数回投薬した疑いで拘束起訴された。ファン・ハナは昨年7月、一審で懲役1年に執行猶予2年を言い渡され釈放された。検察とファン・ハナ側はいずれも控訴したが、二審は双方控訴を棄却した。