韓国女優パク・シネがファンと共に低所得家庭の子どものため生理用品を寄付した。

 所属事務所は22日「パク・シネが国際機構開発NGO希望の友だち飢餓対策、そしてファンの方々と共にするプロジェクトを通じて韓国国内の低所得家庭の子ども、若者のために生理用ナプキンおよそ9万枚を支援する」と明らかにした。

 パク・シネはクリスマスを前に「星の光天使プロジェクト」で集めた基金2000万ウォン(約180万円)を使用し、経済的に厳しい子どもたちのために生理用品の寄付を実施した。

 今回の寄付で用意された生理用ナプキンは、飢餓対策地域児童センター「幸せなホームスクール」38か所と韓国地域児童センター連合協会が推薦したセンター24か所などソウルやクァンジュ(光州)を含めた全国計62か所の地域児童センターの子どもたち約500人に支援される予定だ。

 パク・シネの所属事務所は「パク・シネと共に善行に参加してくださった国内外のファンの皆さまに心から感謝する」とし「パク・シネとファンの善行によって、厳しい時間を過ごす子どもたちが少しでも温かな気持ちで年末を過ごすことを願っている」と伝えた。