韓国の20代の歌手志望生ソン某氏が亡くなった。そして遺族はある作曲家兼歌手を加害者として告発し、現在、警察は遺族が加害者名指しした人物を性暴力処罰法及び強姦致傷などの疑いで立件した。

 去る3日、MBC「ニュースデスク」は27歳のソン某氏がことし4月、自宅で遺体で発見されたと報道した。ソン某氏はアルバイトをしながらバンド活動をしていた歌手志望生だった。

 ソン某氏の死に交際していた歌手兼作曲家A氏が関わっていると付け加えた。A氏は有名アイドルグループのアルバムにも参加したと伝えた。

 死亡したソン某氏の知人らは、A氏と交際中に性暴力と違法撮影を受けたと伝えた。故ソン某氏の知人は「裸で横になっていていたので、動画を撮った」とし「その映像をソン某氏に送った。抗議すると携帯電話とパソコンの映像を削除した」と述べた。

 ソン某氏の父は亡くなった娘の携帯電話を見てこのような事実を知り、警察にA氏を告発した。警察はA氏の自宅を家宅捜索して携帯電話とパソコンを証拠として押収。性暴力処罰法違反及び強姦致傷の疑いで立件し取り調べ中だ。

 報道によると警察はA氏を今月中に召喚して取り調べる予定だ。A氏の弁護人は違法撮影及び強姦致傷などの疑いについて「告発人の一方的な主張だ」と否認した。A氏もMBCにメールを送り「私が覚えている限り、私が持っている様々な記録上、そのようなことはなかった。事実ではない。実体的な真実を明らかにするため協力している」と容疑が事実ではないと明らかにした。