韓国と中国の外交部(外務省に相当)が中国で「BTS(防弾少年団)」の朝鮮戦争に関する発言をめぐり論争となっていることと関連し、「相互理解」などの鎮火に乗り出したが、中国のネットユーザーらは「BTS」側の謝罪を要求している。

 中国のネットユーザーらは「両国の外交部が論評を出すほど重要な事案なのに、BTSと所属事務所は釈明がない」とし、謝罪を要求した。

 「BTS」は去る7日、米国非営利団体「Korea Society」の「ヴァン・フリート賞」を受賞。この際、心境を問われた「BTS」は「ことしのイベントは朝鮮戦争70周年にあたる年で、より意味深い」とし、「僕たちは、両国(米韓)が共に経験した苦難の歴史と多くの犠牲を永遠に記憶していく」と発言していた。

 この発言をめぐり、中国のネットユーザーらは「朝鮮戦争での中国軍人の犠牲を無視している。国家の尊厳と関連することは絶対に容認できない」と反発した。中国内で非難の世論が高まると両国の外交部は鎮火に乗り出した。

 中国外務省の趙立堅報道官は13日、定例会見で今回の事態と関連し「歴史を鏡として未来に向かい友好を促進することは、われわれが共に追求すべきことで、共に努力するだけの価値がある」と述べた。

 また韓国外交部のイ・ジェウン報道官も同日開かれた定例会見で「韓中関係の発展と両国間の友好増進のために努力を続ける」と述べた。

 両国の外交部はいずれも「友好」を言及し、「BTS」問題の鎮火に乗り出したのだ。しかし、中国のネットユーザーらは「BTS」が直接謝罪することを求めている。

 中国のネットユーザーらは「外交部まで論評を出すほど大きな事案なのに、当事者であるBTSのメンバーと所属事務所側は何の釈明もしていない」と批判し、「BTS」の直接謝罪を要求している。