受賞の心境を明かすコメントで朝鮮戦争に関する発言をした韓国ボーイズグループ「BTS(防弾少年団)」に対し、中国で批判の感情が高まっている。

 中国のネットユーザーらは「BTSを好きだなんて、売国者」とし、「BTS」ファンを批判するコメントが相次いでいる。さらに、「BTS」が意図的に中国を無視し見下しているとの世論まで形成されている。

 批判を続けるネットユーザーらは「BTS」ファンに向けて「いい加減に目を覚ませ」などと非難。あるネットユーザーは「BTSのアルバムを買う金があるのに、国籍を捨てる金はないのか」と揶揄した。

 また、中国ネットユーザーらは「BTS」の公式SNSに「中国退出」と書き込み、「中国から出ていけ」と強く主張している。

 これを前に、「BTS」は去る7日(現地時間)、米国非営利団体「Korea Society」の「ヴァン・フリート賞」を受賞。この際、心境を問われた「BTS」は「ことしのイベントは朝鮮戦争70周年にあたる年で、より意味深い」とし、「僕たちは、両国(米韓)が共に経験した苦難の歴史と多くの犠牲を永遠に記憶していく」と発言していた。

 これに、中国ネットユーザーらは「両国が経験した苦難の歴史」という部分に怒りを露わにし、「朝鮮戦争での中国軍人の犠牲を無視している。国家の尊厳と関連することは絶対に容認できない」と非難している。