経験豊富なパフォーマンス力を思う存分披露

ジョン・ヨンファが幻想的なライブでファンを魅了した。

ジョン・ヨンファは2月27〜3月1日の3日間で3回、ソウル市広津(クァンジン)区広壮(クァンジャン)洞AX-KOREAでBCカードが後援する「ジョン・ヨンファの単独コンサート-One Fine Day」を開催した。

デビューして6年で開催することになった単独コンサートなだけに、セットリストの構成やアレンジの作業はもちろん、マイクや照明などの至る所にジョン・ヨンファを象徴する「YH」のロゴを入れた演出を見せ、公演全般に渡ってこだわりを感じさせた。

ジョン・ヨンファは、タイトル曲「ある素敵な日」を含むファーストソロアルバムの収録曲全曲と、CNBLUE(シーエヌブルー)のヒット曲「Can’t Stop」「I’m sorry」などをセットリストにバランス良く取り入れ、ソロ歌手、そしてバンドボーカリストとしての力量を自由自在に見せてくれた。

ソロアルバムで披露した甘いバラードボイスはもちろん、特有のロックスピリットもあふれ出し、隠されていたダンスの実力まで公開して観客の熱い反応を受けた。世界のあちこちで数多くのライブを通して積んだ経験豊富なパフォーマンス力を思う存分披露してくれた彼は、2時間にわたってステージのあちこちを休まず走り回り、スタンディング席の間にまで飛び降りるなどして、爆発的なエネルギーを発散させた。

CNBLUEとしてではなく、ソロとしてステージに上がったジョン・ヨンファは、カバー曲とOST収録曲を除いた全曲を自作曲で飾り、初の単独コンサートの意味を深めた。

27・28日の公演にはYDG(ヤン・ドングン)がコラボレーション曲「Mileage」のパフォーマンスにゲスト出演し、スぺシャルなステージを披露した。また、オアシスの「Super Sonic」、BON JOVIの「You Give Love A Bad Name」など、サプライズで用意した世界的なロックバンドのオマージュステージも、目を引いた。青のジャケットやヘアバンド、かつら、タンバリンなどを活用して、彼らの音楽はもちろん、過去の公演の時のスタイルまでをそのまま再現した。

フィナーレ曲「ある素敵な日」のステージを控えてジョン・ヨンファは「みなさんの“ある素敵な日”はいつですか?僕はもう戻ることはできない、まさに今日が最も素晴らしい日だと話したいです」と初の単独コンサートを終えた感想を明らかにした。

3回のソウル公演を成功的に終えたジョン・ヨンファは引き続き、東京と大阪、香港、中国・上海・北京・広州、シンガポール、タイ、バンコク、台湾・台北などのアジアツアーで観客を熱狂させる。