真心を込めたオリジナルギフトでおもてなし

ガールズグループ4Minuteが、タイトル曲「Crazy」でのカムバックに合わせて、ファンと交流する「エブリデイファンサポート」イベントを行っている。

4Minuteは去る9日に新曲「Crazy」でカムバックした後一週間、毎日ファンをサポートするイベントを行い、それこそ“Crazy”なスケールで「ファンへの愛」を証明している。

「エブリデイファンサポート」は文字通り、毎日4Minuteを見るために収録現場に訪れてくれるファンのために、真心を込めた特別な贈り物をするというメンバーたちの気持ちが込もった新概念のイベントだ。約1年ぶりのカムバックで、その間4Minuteを待ち焦がれていた韓国内外のファンたちへの感謝の気持ちを込めて、ささやかなプレゼントを贈りたいというメンバーの意見をもとに実現した。

一週間「Crazy」のカムバックステージを訪れたファンたちに提供された4Minuteの異色のプレゼントの数々と、センスあふれるフレーズが目を引く。丁寧に梱包されたプレゼントには、4Minuteの強いキャラクターのイメージに合わせて「優しく言っている間に喜んで受け取りなさい。姉さんがクレイジーになってしまう前に」、「来るとき寒かった」などの強気なメッセージを込めたフレーズが刻まれており、ファンをより一層楽しませた。

また、午前の収録には朝食としてボリューム満点のキンパプ一本を、夜遅い収録にはエナジードリンクと栄養剤で、ファンたちの健康と体力に気を使った。さらに、氷点下になる天候を考慮してホッカイロを準備したり、バレンタインデー収録に合わせて「Crazyチョコレート(韓国語タイトル“ミチョ”とチョコレートを掛けた“ミチョコレート”)」という言葉が刻まれたチョコレートを渡した。15日のSBS「人気歌謡」の現場では最初の週をしっかりと終えたことを祝ってファンクラブ「4NIA」の公式応援棒を描いたお餅を作り、特別感をプラスしたプレゼントでファンの心を温めた。

13日のKBS「ミュージックバンク」の現場では、大規模なコーヒートラックが登場し、現場を訪れたファンに4Minuteが直接温かいコーヒーとゆず茶を配る特大のサポートを見せた。4Minuteは寒い中、直接飲み物を作って配り、ファン一人ひとりに感謝を伝えた。これにファンも、SNSを通してイベントの記念写真をリアルタイムアップロードして、感謝の気持ちを伝え、オンラインを中心に話題を集めた。さらにこの日は、4Minuteと特別に親しいと言われている「ギャグコンサート」の人気主役者キム・ギリとソ・テフンも訪れ、現場に笑いをプラスした。

このように4Minuteの「エブリデイファンサポート」イベントは、「Crazy」の活動突入と同時に4Minuteのために昼夜を問わず一緒に居てくれるファンのために一過性ではなく、今後の音楽番組のすべての収録現場で行われる予定だ。天気、場所、時間にまで考慮されたオーダーメイドプレゼントプロジェクトであるだけに、4Minuteのメンバーは、プレゼントするアイテムについて悩み、直接アイディアを出し合うだけでなく活動の合間に包装もして真心を尽くす予定である。