人とうまく接することができないキャラクターを演じる

俳優キム・ボムが中国ドラマ「V Love」にキャスティングされた。

所属事務所KINGKONGエンタテインメントによると、キム・ボムは中国版「ゴシップガール」と呼ばれる中国ドラマ「V Love」の中でスペシャル俳優としてキャスティングされ、中国上海でクランクインした。

上海を背景に繰り広げられる「V Love」は優雅だが贅沢と欲望にあふれた街で生きていく中国の若いSNS世代の愛とビジネスにまつわるストーリーを描く。ストーリーは全6話。キム・ボムは今回のシーズン6に出演し、全国プレミアムレストランのオーナー、オ・ウフィ役を演じた。自信にあふれた堅い意志の持ち主だが、完璧主義の性格で人とうまく接することができないキャラクターを演じる。

彼の相手役には中国内で最も注目されていている新人アーティスト、リー・シィー・ルイがキャスティングされた。2人の出演に、中国と韓国の若手男女俳優のコラボレーションが期待されている。その他にもヤンミョク(ヤンミ役)、ヨ・ムンラク(ウィ・ウオンロ役)、チュ・ピルチャン(チョウ・ビチャン役)などの豪華なキャスティングと、ロマンチックなラブストーリーで制作段階からたくさんの関心を集めている。

所属事務所が公開した写真の中のキム・ボムは、全身ホワイトのスーツにブラックのブラウスとサングラスを合わせ、プレミアムレストランのオーナー、オ・ウフィに完璧に変身している。ゴールドのスポーツカーの前で素晴しいスタイルとビジュアルを見せつけ、女性のハートを掴んでいる。

一方、現在のキム・ボムは日本でのファンミーティングや雑誌・広告等の撮影で忙しいスケジュールをこなしながら、継続して活動を行っている。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-