青少年たちが主軸になって心温かい社会を作るという点に大きく共感し、寄付を決めた

イ・ハイが米花輪寄付に参加した。

イ・ハイはソウル西江(ソガン)大マリーホール大劇場で500人のファンと初単独ライブコンサート「RE-HI」を開催した。この日イ・ハイの多国籍ファン(アメリカ、ペルー、中国、台湾、マレーシア、タイ、日本など)ら及びDCインサイドイ・ハイギャラリーファン連合で分かち合いストアを通じる米花輪1,170kgを送って応援の代わりをした。

イ・ハイのファンは「We are all friends in Hi」「イ・ハイ、中国には私たちがいる!」「はい!グラミー賞を受けるため!」「One world in Hi」などセンスあるリボン文で単独コンサートの成功を祈った。

イ・ハイはコンサートが終わってこの日受けた米花輪を良いことに使って欲しいと言って所属事務所YGエンタテインメントとともに青少年の良い考えを分かち合うサイトであるGood way with usに伝達した。

イ・ハイはGood way with usが自分のような青少年たちが主軸になって心温かい社会を作るという点に大きく共感し、寄付を決めた。Good way with usに伝達した米はGood way with us「愛の実」を通じて中(チュン)区低所得住民新党福祉館、加平郡低所得児童支援に分けて伝達する予定だ。

Good way with us関係者は「イ・ハイの米寄付は最近アーティストに対するファンの愛が困っている人たちにも伝達されてもっと意味がある。分かち合うことと寄付に先に立つアーティストとファンは進化するファンクラブのお手本になっている」と明らかにした。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-