「チャンスは頻繁にくるものではない」1

ガールズグループT-ARA N4(ウンジョン、ヒョミン、ジヨン、アルム)が、アメリカ進出に対する決意を明らかにした。

T-ARA N4は今月20日午後、ソウル市清潭洞(チョンダムドン)インペリアルパレスホテルでアメリカ進出に関連した記者懇談会を進めた。

この日T-ARA N4は「昨年良くないこと(ファヨン脱退事件)と関連して、世論が厳しくなったが、それで海外に活動を移すのではないかとの質問に「チャンスは頻繁にくるものではないと思う。即興で進む部分が多い。『田園日記』で活動する間アメリカに行ってくる。他のスケジュールはすでに予定された通りに動く」と答えた。

引き続きユニット活動をせずにいる他のメンバーに対して「T-ARA N4以外の残りのメンバーで構成された日本ユニットグループはアルバムが出る。来週にはプロモーションビデオも撮影する。その後はT-ARA(ティアラ)のアルバムが出る予定だ」と付け加えた。

ウンジョンは「私たちが今後お見せする姿が最も重要だと思う。どこででも本当の姿で臨む。偽りでも良くない姿でもない、常に素直で慎重で良い姿をお見せする」と語った。