「初放送からチョ・インソンに対する反応は爆発的だった」

俳優チョ・インソンがシンガポールとマレーシアのファンに会うために出国する。

チョ・インソンの所属事務所IOKカンパニーは「チョ・インソンが4月に放送終了したSBSドラマ『その冬、風が吹く』の海外プロモーションのため、20日から3泊4日間の日程で海外ファンと意味深い時間を持つ」と明らかにした。

チョ・インソンはマレーシアに出国してマスコミのインタビューを進行した後、クアラルンプールのメイン・ストリートにあるショッピングモールパラダイム(Paradigm Shopping Mall)で現地ファンとファンミーティングを行う。引き続き、シンガポールに移動してもう一度マスコミのインタビューを行った後、シンガポールの代表的なショッピングモールサンテックシティ(Suntec City Shopping Mall)でファンと会う。

チョ・インソンはドラマ「バリでの出来事」「春の日」などでアジア圏代表的な韓流スターに上がっていた。ここに彼の新しい作品を待った現地ファンの熱い関心が溢れている。

「その冬、風が吹く」もやはり旋風的な人気を呼んでいて今回の海外プロモーション活動で韓流スターとしての立地を確固にすることと予想される。プロモーション担当のある関係者は「『その冬、風が吹く』が3月13日から今月2日までシンガポールとマレーシアで同時放映された。初放送からチョ・インソンに対する反応は爆発的だった」と伝えた。引き続いて「現地の有力マスコミたちがチョ・インソンに高い関心を見せているし、現在までも多くのファンの熱い声援が絶えていない。代表的な韓流俳優の人気を体感することができた」とチョ・インソンの現地人気を伝えた。

チョ・インソンは「その冬、風が吹く」でオス役を引き受けて纎細で隙もない演技力で好評を博した。「その冬、風が吹く」はシンガポール、マレーシアを含めて日本及び多数のアジアの国家で放映されて視聴者たちと出会う予定だ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-