「何でも頑張る性格で、僕がその性格を表現するにより良いと思う」

新鋭チョン・ドンヒョンが初めての主演作への無限の自信を表現した。

ソウル江南(カンナム)区、インペリアル・パレスではケーブルチャネルtvNの新月火ドラマ「バスケットボール」の制作発表会が行われた。この日の制作発表会にはクァク・ジョンフンPDとともに俳優のト・ジハン、イエリヤ、チョン・ドンヒョン、コン・ヒョンジン、チョン・インソン、Wonder Girlsのイェウン、チ・イルジュ、キム・ウンスらが参加した。

チョン・ドンヒョンは「バスケットボール」で日帝時代最高のバスケットボールアイドル役を演じたのと関連して「劇中の役のように僕も理想の息子だと思う」と語った。

「みんなそうだが僕は一度始めたら最後までやりきる性格だ。スキンスキューバをすることになったがそれにはまってしまって語学研修そっちのけでスキンスキューバの資格を取ることにだけに熱中した。料理にも関心が湧いて料理の資格もいくつか取った」と説明した。また「劇中のミン・チホも僕のような性格だ。何でも頑張る性格で、僕がその性格を表現するにより良いと思う」と付け加えた。

チョン・ドンヒョンが演じるミン・チホは国民的な人気バスケットボールスターであり民族資本家の息子で、日帝強制占領期間を生きていく朝鮮人の誇りと使命感をバスケットボールに向ける人物だ。

「バスケットボール」は日帝強制占領期間から光復(解放)以降、分断に至る激動の時代を生きた青年たちの愛と葛藤を描いたドラマだ。朝鮮半島が南北に分かれる直前、最初で最後のKoreaの名でオリンピックに出場しベスト8の神話を打ちたてた1948年バスケットボール代表チームの実話をモチーフとしている。

韓国で今月21日夜11時から放送をスタートし、月曜日と火曜日に放送される。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-