「マッコリを直接作ったり、色々おいしい食べ物をたくさん食べた」

アイドルグループSUPER JUNIOR(スーパージュニア)のシンドンが、全羅道(チョルラド)ユクジョン(豆腐をつぶしてひき肉や野菜や卵などを入れてこねて焼いたもの)の味に感心した。

シンドンはSUPER JUNIORの旅行本「SUPER JUNIOR’s Experience Korea NEWS+Seoul」の発売記者懇談会に参加し、「全羅道を旅行しながらユクジョンの味に脱帽した」と感想を伝えた。

彼は引き続き「全羅道と言えば食べ物だ。マッコリを直接作ったり、色々おいしい食べ物をたくさん食べた。本当に幸せだった。ユクジョンを食べると本当においしくて、はやくスケジュールを終わらせて会食まで行ったほど」と明らかにした。

また「初めは本を出すといってすごく難しいんじゃないかと思ったが、実際に本が出てくると、とても感慨深かった。僕はこの本に“最初”という意味を付与したい。この頃インターネットがたくさん発達して本を多く読まない。SUPER JUNIORのファンたちの中で、明らかに僕たちのために初めて本に接する人々がいるだろう」と期待感を表わした。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-