「すぐに再公演されて嬉しい」

歌手兼ミュージカル俳優のオク・ジュヒョンがミュージカル「エリザベート」にまた参加した感想を明らかにした。

オク・ジュヒョンはソウル瑞草(ソチョ)区 瑞草洞に位置する芸術の殿堂で開かれたミュージカル「エリザベート」プレスコールで「またエリザベートとして帰って来た。すぐに再公演されて嬉しい」と明らかにした。

オク・ジュヒョンは2012年「エリザベート」韓国内初演の時エリザベート役を演技して2012年「韓国ミュージカル大賞」「第6回ザ・ミュージカルアワーズ」で主演女優賞を受けた事がある。「エリザベート」でミュージカル俳優としての能力を認められた彼女は「2番目の公演は観客たちがたくさん愛してくださった証だと思う。その気持ちに応えるためにも、もっと熱心に準備した。再公演場が綺麗だ。『エリザベート』の雰囲気とピッタリ合って良い。もっと嬉しい『エリザベート』として帰って来る」と初公演を控えた感想を伝えた。

また、「ヨーロッパと日本で『エリザベート』オリジナル俳優たちの公演を観た。観客のように我を忘れて観た。1,000回以上演技した俳優たちを見て多くのことを学んで来た。私もそんな俳優に成長したいと感じた」と微笑んだ。

特に2013年「エリザベート」はオク・ジュヒョン、キム・ジュンス、パク・ウンテ、ミン・ヨンギ、イ・ジョンファら、初演の成功神話を導いた主役たちとキム・ソヒョン、パク・ヒョシン、イ・ジフン、キム・イサク、ノ・ジフン達のとても有名なミュージカルスターが新しく合流した。26日から9月7日まで韓国の芸術の殿堂オペラ劇場で公演される。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-