「私がしたミスなので誰を恨むこともない、ただ辛くて複雑だった」 1

歌手IU(アイユー)が昨年議論になったSUPER JUNIOR(スーパージュニア)のメンバーウニョクとの“病気見舞い”を釈明した。

IUはSBS「話神-心を支配する者」に出演して昨年ウニョクと共に撮った写真に対して、ミスでUPしてしまったと認めた。

「精神的な苦労をたくさん抱えた。ミスでUPしてしまった。私がしたミスなので誰を恨むこともない、ただ辛くて複雑だった」と口を開いた。

また「相手にも私の周辺の人々にも申し訳なかった。とてもたくさん考えたし、それで気軽に話ができなかった。私が立ち上がって誤解を解くことが正しいことなのか、じっとしていることが正しいのか分からなかった。難しいことではなく、私が皆に申し訳ない気持ちを伝えなければならない」と謝罪の意を伝えた。

一角で提起された“自作自演説”に対しても「自作自演という言葉を聞いたが、そのように考える方が多いとは思わなかった。ただの失敗だった」と否認した。

IUは昨年11月の明け方、ツイッターにパジャマ姿でSUPER JUNIORのウニョクと親しそうなポーズを取った写真をしばらく上げた後に削除して大きな波紋を呼んだ。IU側は「IUの具合が悪く、ウニョクがお見舞いに来て撮った写真」と釈明したが、ネチズンは様々な疑惑を提起して論議が広がった。