「希望と感動を届けられないかと考え出演を決心した」

俳優チュ・サンウクが「グリーンメス」への出演を確定した。

チュ・サンウクの所属事務所メイディンエンタテインメントは「チュ・サンウクがKBS2新月火ドラマ『グリーンメス』で主人公を演じ、初めて医療ドラマに挑戦する」と発表した。

「グリーンメス」は自閉傾向の発達障害がある1人の青年が医師として生まれ変わっていく過程を描いたヒューマン・メディカルドラマだ。劇中でチュ・サンウクは自信にあふれ、少しの誤差も許さない小児外科専門のキム・ドハン役を演じ、主人公パク・シオン役のチュウオンとタッグを組む。

チュ・サンウクは「ドラマ関連の打ち合わせをした後、偶然TVでヒューマンドキュメンタリー『ヘネの奇跡』を見た。おりしも触れることになった小児病棟の奇跡のような話に心が動き、このドラマを通じて視聴者の方々に希望と感動を届けられないかと考え出演を決心した」と語った。

チュ・サンウクは現在撮影中であるケーブルチャンネルOCNドラマ「特殊事件専門担当班TEN2」の撮影を今月中旬にクランクアップした後、6月末から「グリーンメス」の撮影に合流する計画だ。「グリーンメス」は「鮫」の後続で放送される。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-