最初の流布者を検挙することに焦点を合わせて捜査を進めている

ガールズグループ4Minuteのメンバーヒョナの合成写真流布者を捕まえるため、警察が本格的な捜査に突入した。

ソウル市江南(カンナム)警察署のサイバー捜査隊は最近ヒョナの合成写真流布に対して、捜査に着手したと今月21日、明らかにした。

先立ってカカオトーク、フェイスブックなどのSNSには、ヒョナを性的に描写した写真が急速に広がった。問題の写真はヒョナがカーキ色のTシャツを着て撮った写真に、女性の上半身裸体の写真を巧妙に合成したものだと分かった。ここに「グループのメンバーが紛失した携帯電話からこの写真が公開された」という説明も加わり、まるで事実であるかのように広がっていっている。

警察は該当写真が流布した経路を把握するなど、最初の流布者を検挙することに焦点を合わせて捜査を進めている。最初に投稿されたのは成人サイトで悪名高い某サイトと推定されている。

ヒョナ側の関係者はスターニュースに「先週にインターネットで流布した写真が、合成写真であることを確証する資料と最初に投稿されたと思われる成人サイトのURLを証拠資料として警察に提出した。所属アーティストのイメージを傷つける悪意のある行為に、これ以上黙って見ているわけにはいかない」と話した。

一方キューブエンターテインメントは今月5日、ヒョナの合成写真を流布した者を処罰して欲しいとしながら、警察庁に陳情書を提出した。

当時、所属事務所は「当社は今回の合成写真の原本および製作依頼過程などの出処を入手、警察に捜査を依頼して厳重な処罰を望むという意思を伝達する」と明らかにした。

引き続き「アーティストと関連して故意の誹謗目的で合成写真やデマを製作、流布する者に対しては、今後いかなる妥協もあり得ないという立場をお伝えする」と付け加えた。

一方ヒョナが属した4Minuteは去る3月五枚目ミニアルバム「4Minute ワールド」を発売して活動した。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-