エル「INFINITEがいつも応援しているという希望を伝えたい」

チョロクウサン子供財団が韓国の有名スターが貧困児童を助けるために才能を寄付して参加したキャンペーン映像を公開したなかで、INFINITEのエルの発言が注目されている。

普段から子どもたちが好きだというINFINITEのエルは「分かち合いという慈善活動はひとりでするものではなく、共にして幸福を一緒に感じていくことだと考える。困難を経験している世界中の子どもたちに、INFINITEがいつも応援しているという希望を伝えたい。必要なところがあれば、いつでも走って行く」と伝えた。

最近恋愛のお悩み解決者として忙しい毎日を送っている映画評論家兼記者であるホ・ジウンも「分かち合いというのは制度や法が達し得ない所で、まともに機能する良い装置だと考える」としながら、分かち合いの第一歩「愛、もうひとつ」キャンペーンを積極的に推薦した。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-