液体金属ロボットで、冷血なキラー

イ・ビョンホン:韓流スター・韓流ドラマなどの韓流情報なら韓流エンターテイメント!

ハリウッド映画『ターミネーター』に出演する俳優イ・ビョンホン(44)が、“T-1000”役を受け持ったことが分かり話題になっている。

T-1000は『ターミネーター』シリーズでターミネーター(アーノルド・シュワルツェネッガー)の次に有名なキャラクター。『ターミネーター2』(1991年)に登場した液体金属ロボットで、液体と固体を行き来して姿を変えながら傷を自ら治癒する強敵だ。人類抵抗軍司令官ジョン・コナー(エドワード・ファーロング)を殺すために特派された冷血なキラーだ。

“イ・ビョンホンT-1000説”は、『ターミネーター』の5作品目である『ターミネーター:ジェネシス』のキューシートと推定されるイメージが流出して提起された。この文書には、イ・ビョンホンの名前の横に「警察T-1000」という配役名が表記されている。

1ヶ月間アメリカで『ターミネーター』の撮影をし、最近帰国したイ・ビョンホン側は、引き受けた配役を話せないと明らかにした。前作でT-1000役はハリウッド俳優ロバート・パトリックが引き受けた。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-