スターが大勢出演するミュージカル

ミュージカル『Singing in the rain』は最高のナンバー「雨に唄えば」「Good Morning」などと共に、センス溢れるタップダンスで有名な作品だ。

全世界的に愛されてきたミュージカル『Singing in the rain』が、歌の一節だけでも気持ち良く想像をするようにするメロディと共に2014年に蒸し暑い夏をすがすがしく冷ますためにやって来る。

ミュージカル『Singing in the rain』の主人公であり、有名な映画俳優であるドン役にSUPER JUNIOR(スーパージュニア)のキュヒョン、EXOのベクヒョンがキャスティングされた。

キュヒョンは「普段から好きだった映画の主人公でミュージカルに出演することになり、とても緊張している。好きだった曲を舞台で歌って、習いたかったタップダンスも習えるうえに、その姿を舞台でお見せできて嬉しい。ミュージカル俳優としてより一層成長した姿をお見せできる作品になると思う」と覚悟を見せた。

ミュージカル『Singing in the rain』がミュージカルデビュー作であるベクヒョンは「初めてのミュージカルなので、ときめきながらも緊張する。作品を選択して魅力的に感じたドン役をうまく表現できるよう、熱心に努力する。愉快で明るい姿で大衆へさらに近付きたい」と同作品を選択した理由を明らかにした。

俳優を夢見る才能ある女優であり、ドンと一目惚れして恋に落ちるキャシー役に少女時代のサニーとミュージカル女優パン・ジニ、チェ・スジンがキャスティングされた。

サニーは「映画がとても面白かったし、好きな作品のひとつだ。ミュージカルで参加できるようになって嬉しい。熱心に準備して良い舞台をお見せする」と感想を伝えた。

「キャシーを見ると、女優になるために努力した当時を思い出す。あのときめきと情熱を表現したい」というミュージカル女優パン・ジニとチェ・スジン。明確な個性を持つ3人のキャシーが、舞台の上でどんな姿を見せるのか期待される。

そして最高の人気を得ている映画女優リナ役にミュージカル女優ペク・ジュヒと天上智喜The Graceのサンデーがキャスティングされた。ミュージカル俳優イ・ビョングオンとユク・ヒョノクがドンのベストフレンドであり華やかなタップダンスとパフオーマンスを披露するコズモ役を担う。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-