「事実が広まることを望んでいない」

パク・シネ:韓流スター・韓流ドラマなどの韓流情報なら韓流エンターテイメント!

女優パク・シネがセウオル号沈没事故救助を援助するため、NGO団体「希望ブリッジ全国災害スローガン協会」を通じて5,000万ウオンを寄付した。

希望ブリッジ全国災害スローガン協会のある関係者は「パク・シネさんがセウオル号事故救助と遺族支援のために5,000万ウオンを寄付したのは事実だが、広まることは望んでいない。所属事務所も知らなかった。寄付金は犠牲者および行方不明者のために全額使われるだろう」と伝えた。

先立ってパク・シネは今月18日、自身のツイッターに「どうか、どうか無事でありますように…これ以上の被害がありませんように…多くの人々が家族の元へ戻りますように…。ただただ祈ります」というコメントで残念に思う気持ちを伝えた。

さらに自身のツイッタープロフィール写真を黄色いリボンのイメージに変える運動にも参加、セウオル号行方不明者の無事の帰還を望む気持ちを込めた。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-