韓国で5月中に放送される予定

女優シン・ソユルが総合編成チャンネルJTBC新月火ドラマ「ユナの街」に合流する。

シン・ソユルの所属事務所家族アクターズは「韓国で5月に初放送される『ユナの街』でシン・ソユルが劇中俳優志望生ハン・ダヨン役を引き受けた」と明らかにした。シン・ソユルは先立って出演を確定した俳優イ・ヒジュン、キム・オクビンとともに三角関係を成す予定だ。

「ユナの街」は職業、性別、年齢、性格まで千差万別である個性満点の人々と元スリ犯である1人の女性が住む多世帯住宅に世界のどこにもいない善良な男性が入って来た後、傷と痛みの治癒を受けて一緒に生きて行くようになる過程を盛った作品だ。

「相棒」「第5共和国」「エアシティ」などを演出したイム・テウPDと「1つの屋根3人の家族」「ソウルトッペギ」「ソウルの月」「青い鳥は居る」などを執筆したキム・ウンギョン作家が意気投合した。「ユナの街」はJTBC月火ドラマ「密会」の後続として韓国で5月中に放送される予定だ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-