「視聴者たちの五感を刺激するラブコメディの真の姿を見せる」

2014年を盛り上げるMBCの新水木ミニシリーズ「運命のように君を愛してる」がチャン・ヒョクとチャン・ナラの主演キャスティングを完了し、2014年夏の編成が決まった。

「改過遷善」に続いて放送予定の「運命のように君を愛してる」は優しいのが唯一の個性であるどこか抜けている女性と、跡継ぎができず、後継者の座を脅かされている超現実的な完璧男が望まない結婚によりジェットコースターのような人生を体験し、運命のような愛を悟ることになるラブコメディだ。

これに対して「運命のように君を愛してる」の製作会社側は「MBC『神々の晩餐』『女王の教室』で感覚的な演出力を認められたイ・ドンユンプロデューサーと、繊細な心理描写と感受性、新しいキャラクターを創造する卓越した見識で内容のある執筆力を見せた脚本家のチュ・チャノク、MBC『ソウルメイト〜恋人たちのダイアリー〜』『アンニョン!フランチェスカ』で生き生きとした感性や台詞、感覚的なストーリーで厚いマニア層を誇る脚本家のチョ・ジングク、そしてチャン・ヒョクとチャン・ナラまでキャスティングされ『ドリームチーム』が完成した。視聴者たちの五感を刺激するラブコメディの真の姿を見せる今回の作品に多大なる期待と関心をお願いしたい」と伝えた。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-