「二重人格のリュ・テオ役に惹かれて作品を決めた」

MBLAQ(エムブラック)のイ・ジュンが、ケーブルチャネルtvNドラマ『カプドン』の出演を確定した。

映画『俳優は俳優だ』以降様々な映画やドラマ出演が議論された状況だ。苦心の末に捜査ドラマを決定、再び演技力を立証する計画だ。

劇中イ・ジュンは天才バリスタ“リュ・テオ”役に扮する。優れた頭脳を持ち、ささいなことも見逃さずに記憶する人物だ。また、対話を通じて相手の心を読む才能も持つ。二重人格で毎回ドラマの急展開を導く展望だ。

イ・ジュンの所属事務所関係者は「イ・ジュンが普段から二面性をもつキャラクターを演じたかった。今まで多くの台本を検討し、その中で二重人格のリュ・テオ役に惹かれて作品を決めた」と伝えた。引き続き「イ・ジュンが初めての撮影に入る前、バリスタ役に対して深く研究した。細かな感情演技にも注目してほしい。さらにグレードアップした演技力を披露する」と説明した。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-