ナム・ダジョンとして過ごした4ヶ月間、私も幸せでした。

「総理と私」の最終回を控えてユナとイ・ボムスの最後の撮影ショットが公開され話題になっている。

KBS2TVの月火ドラマ「総理と私」側は最後まで好演を披露したイ・ボムスとユナの最後の撮影ショットを公開した。公開された写真は最終回を控えて視聴者たちの惜しむ気持ちに応えるためのイ・ボムスとユナのプレゼントだ。

最年少の国務総理クオン・ユル役に真剣さとコミカルさを見せながら演じたイ・ボムスは特有の紳士的な笑みを浮かべて視線をひきつけた。イ・ボムスは台本を受けとるや、カラフルなカラーペンで「クオン・ユル」と「第17話最終回」とメモし、「几帳面ボムス」の一面を改めてアピールした。

4ヶ月間完全に超肯定的キャラクター「ナム・ダジョン」を演じきり好評を得たユナ。彼女のうるうるした目元から最後の撮影への惜しむ気持ちが感じられる。ユナは「総理と私」を愛した視聴者たちのために台本を持って感謝の笑みを浮かべているように見える。ユナの天使のような微笑に見る人々は自然と微笑を浮かべる。

最後の撮影を終えたユナは「これまで『総理と私』とナム・ダジョンを愛してくださった視聴者の方々に感謝申し上げます」と笑顔を見せた。続いて「超肯定的なエネルギー、ナム・ダジョンとして過ごした4ヶ月間、私も幸せでした。これからもたくさん愛していただきたいです〜」と視聴者たちに感謝を伝えた。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-