メンバー6人が各10枚ずつサインした直筆サイン切手60個がランダムで2PMの特別な切手が発売される。

インターパーク関係者によれば、2PMのデビュー6周年になる年をむかえて“MEMORIES”をコンセプトに切手が発行され、今月29日からインターパークを通じて単独予約販売を始める。

2PMの切手は“野獣アイドル”という修飾語に合わせてカリスマあふれるワイルドな写真で構成され、切手14枚セット+ハガキ6枚+切手の形を模したステッカーと、充実の内容で、価格は2万7,000ウオンだ。

切手は個人カット6枚、ペアカット6枚、団体カット2枚の合計14枚だ。メンバー別の個人切手にはサインを加え、午後02:00:00〜04:00:00を1秒単位でナンバリングした約7,200枚限定版で発売されてコレクション価値が非常に高い。また、02:00:00から02:00:05までの6枚はメンバーがそれぞれ1枚ずつ所蔵することになり、インターパークではこの6枚を除いた02:00:06から2時番台の3,594枚を販売することになる。

共に2時番台には、2PMメンバー6人が各10枚ずつサインした直筆サイン切手60個がランダムに含まれており、2月22日まで購入した人の中から6人を抽選して2PMメンバーが切手の写真撮影時に着用した衣装をプレゼントする予定だ。

これに対しインターパークの担当者は「限定版で発売され、切手自体にもコレクション価値が充分に高いが、各メンバーの個性を入れたハガキと切手形のステッカーを追加で構成し、既存の切手収集マニアはもちろん2PMファンからの反応も大きいと思われる」と話した。

一方2PMの切手はオンラインでは今月29日午後2時からインターパークを通じて単独予約販売が始まり、2月10日の発売後に配送される予定だ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-