バスケットボール編の最後の収録とともに降板することで決定を下した

アイドルグループ東方神起のチャンミンが「芸・体・能」から降板する。

KBS 2TV「芸・体・能」の関係者によると、東方神起のチャンミンはバスケットボール編の収録を最後に番組から降板する。

チャンミンは先日発売した東方神起の7thアルバムの活動に集中するために製作スタッフに降板の意思を伝えた。製作スタッフは話し合いの末バスケットボール編の最後の収録とともに降板することで決定を下した。

チャンミンは昨年4月「芸・体・能」の第1回から約9ヶ月間カン・ホドンと共に「芸・体・能」のMCとして活躍した。卓球、ボーリング、バドミントン、バスケットボールに至るまで情熱あふれる姿で視聴者たちに愛された。チャンミンの降板とともに「芸・体・能」はカン・ホドンを中心にした種目別MC体制に転換し、MCを主軸に各種目でハイレベルな実力を備えたゲストが合流する予定だ。

一方、先日東方神起の7thアルバム「TENSE」のタイトル曲「Something」で活動中のチャンミンは予定されていたスケジュールによりやむをえずソチ行きに同行することができない。ソチで撮影を行うには約7日間東方神起のすべての韓国でのスケジュールを取り消さなければならないためだ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-