仕事に挑む姿勢、スタイル…既存メンバーもメロメロ!

「マンマミーア!」でカムバックしたKARAが、ヨンジ効果を享受している。

ヨンジは既存メンバーとは違う健康セクシー美で男性ファンの注目を浴びるなど、KARAに新たな風を吹き込んだという評価だ。

▲変化1.KARAが再び注目される

ヨンジは新人らしくステージで最善を尽くす姿で、視聴者たちの注目を浴びている。普通、ガールズグループは5年以上になれば、自身が注目されるパートでなければ振りつけに力を抜くものだが、ヨンジは新曲「マンマミーア!」の初めから最後まで全力をつくして踊って歌を歌う。

ある歌謡関係者は「メンバー1人が熱心にすれば、他のメンバーまで影響を受けないわけはない。そのため4人組のKARAのステージが『以前に比べてはるかに活力がある』という評価が多くなった」と伝えた。

▲変化2.KARAがセクシーになった

新メンバーヨンジは既存のKARAメンバーとは違う身体条件でも注目を浴びている。ギュリ、スンヨン、ハラが人形のようにスマートな太ももと、か細いスタイルを持っているとすれば、ヨンジはグラマラスなスタイルだ。かえって健康美あふれる太ももで、明確に差を見せている。

所属事務所は「ヨンジが練習生の中ではスマートなスタイルだが、あまりにも既存のKARAメンバーの体形が痩せているので、かえって太って見える。特にヨンジは幼い頃に水泳を習っていたからか、肉感的なスタイルを持っている。特にヒップラインが他のメンバーたちと大きな差を見せる」と説明した。

▲変化3.姉さんを“妹バカ”にする

末っ子ヨンジの合流はチームに新しい風を呼び込んでくれた。番組出演からミュージックビデオ撮影、インタビュー進行まで全てが初体験のヨンジのため、メンバー全員がとても気を使っている。特に既存メンバーはヨンジの初のステージだった今月18日のショーケースで動線をチェックしたのをはじめ、歌番組なら間違いなくモニタリングをするなど“妹バカ”を自任した。

これに対しヨンジは「姉さんらと本当に息が合う。姉さんが一つひとつ全てやってくれる。特にジャケット撮影、ミュージックビデオ撮影の時、色々たくさん教えてもらった」と自慢した。

所属事務所は「既存メンバーの配慮の中で、ヨンジが早く適応をしている。もうテレビ番組にも臆さず話すほど、ある程度余裕を得た。ヨンジが予想より健闘してくれて、タイトル曲『マンマミーア!』も順位を逆走して人気上昇中だ」と明らかにした。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-