TEENTOPのパフォーマンスとライブを直接目で見られる自体が大きなプレゼント

アイドルグループTEENTOPがK-POP未開拓地であるパナマで、韓国人歌手で最初に単独コンサートを開催した。

「TEENTOP 2014 World Tour-High Kick」で、ワールドツアーを進行中であるTEENTOPは今月16日、パナマの首都パナマ市のPanam Arena Roberto Duranで単独コンサートを開催し、華やかなパフオーマンスと情熱的なステージパフオーマンスでパナマ現地ファンを熱狂させた。

特にTEENTOPのパナマコンサートは、文化と経済交流の象徴であるパナマ運河100周年を迎えて、韓国とパナマ両国の文化交流の場を最初に用意したもので格別な意味を持った。パナマ内の韓国大使館でも初の韓国人歌手公演を祝って、直接激励と祝いのメッセージを送った。

TEENTOPは「遊びじゃない(Rocking)」「香水をつけないで」「To You」「Get crazy」などTEENTOPのヒット曲の他にも、ダンス、HIPHOP、バラードを行き来する様々なジャンルの収録曲とメンバーの自作曲はもちろん、南米のファンたちのために特別に準備したレパートリーであるKing Africaの「La Bomba」をアンコール曲として歌い、観客から熱狂的な歓声を浴びた。

パナマで韓国人歌手の公演が初めてなだけに、パナマ現地の反応はさらに特別だった。パナマ現地のファンたちは終始「TEENTOP」と叫んで情熱的に公演を楽しんだ。老若男女問わず様々な年齢層のファンも目についた。パナマのファンは今までインターネットを通じて見てきたTEENTOPのパフオーマンスとライブを直接目で見られる自体が大きなプレゼントだと、TEENTOPの公演に感動した。

一方、韓国や日本を始め北米、ヨーロッパ、アジア地域に続き南米ツアーに突入してチリ、メキシコ、パナマまでワールドツアーを進行中であるTEENTOPは、コロンビア、ペルーそして中国、北京などでワールドツアーを継続する予定だ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-