どんな結果を引き出すのか注目

K-POPアイドルグループSUPER JUNIOR(スーパージュニア)のメンバーキュヒョンが、今月バラードおよびダンス歌手、ミュージカル俳優、バラエティMCなど多方面で活発な活動を行って国内外のファンたちと会う。

キュヒョンは今月13日0時、様々な音楽サイトを通じて1stソロミニアルバム『光化門で』を正式発表する。

アルバムと同名のタイトル曲「光化門で」は叙情的なメロディーとキュヒョンの甘美な声が完全に調和を作り出したバラード曲だ。恋人との別れを季節が与える美しさと変化に比喩して淡々と表現した歌詞も共感を呼び起こす展望だ。

キュヒョンは1stソロミニアルバムの発表当日、ソウル市麻浦区(マポグ)イエス24ムーブホールでファンたちの前に立つ。キュヒョンは今月14日、KBS2「ミュージックバンク」、15日にMBC「SHOW!音楽中心」、16日にSBS「人気歌謡」など地上波歌番組にも連続出演、視聴者たちにも自分だけのバラードを届ける予定だ。

キュヒョンはSUPER JUNIORのブランドワールドツアーである「SUPER SHOW」シーズン6を通じて、ダンス歌手の魅力も見せる。今年9月にソウル公演を皮切りに「SUPER SHOW 6」に突入したSUPER JUNIORは、最近東京ドーム公演を盛況裡に終えたのに続き、今月8日には香港エキスポアリーナでツアーを継続した。続けて今月29日と30日には台湾・台北アリーナで「SUPER SHOW 6」を続ける。キュヒョンは強烈なパフオーマンスで有名なSUPER JUNIORの「SUPER SHOW」で自身もダンス歌手に変身、海外ファンに躍動的な姿を見せる予定だ。

それだけではない。キュヒョンは今月、ミュージカル俳優としても活躍する。10月末にソウル市東崇洞(トンスンドン)大学路(テハンノ)ミュージカルセンター大劇場で幕を開けた創作ミュージカル『あの日』に出演する。キュヒョンは故キム・グァンソクの歌を素材にしたジュークボックスミュージカル『あの日』でムヨン役を演じている。ムヨンは1990年代初期、大統領府警護室に勤めた自由奔放な性格の警備員だが、ある日身分も知らない謎の“彼女”と突然消える人物だ。キム・スンデ、オ・ジョンヒョク、チ・チャンウクとムヨン役を交替で演技中であるキュヒョンは、今月も『あの日』に出演、ミュージカル俳優として観客の前に立つ。『あの日』は2015年1月中旬まで続く。

キュヒョンは現在、レギュラーMCとして出演中であるMBCバラエティ番組「黄金漁場-ラジオスター」にも出演、キム・グクチン、ユン・ジョンシン、キム・グラと共演して自分だけのバラエティセンスを見せる計画でもある。

キュヒョンが活発に活動する11月、果たしてどんな結果を引き出すのか注目されている。